コムギココメコ

備忘録と不備忘録を行ったり来たり

Toro Y Moi『Outer Peace』

アルバム紹介や本を紹介するときに結構長く書いてしまう傾向があるのだが、それだとあまり数をこなすことができないので、できるだけ1000字以内におさめていければと思う。みんなに紹介したい良い物は世界に沢山あるのだからできるだけ多く紹介していければ…

寿司打をひたすら記録する(101~200回目)

4月になり、皆さんはいかがお過ごしですか。新しい学校に入学したり、社会人として日々様々な経験をしたり、各々の生活があると思います。 私は、寿司打を100回ほどプレイしました。社会人としてどうなのか、この先の人生で考えていくことにします。 記録を…

ネットプリント毎月歌壇との闘いが終わって

短歌を発信する手段として、投稿というものがある。例えば新聞内の短歌欄などが代表的なものだ。選者が自分の短歌を選んでくれると、新聞にそれが掲載されるのだ。沢山刷られている新聞の中に、自分の名前と短歌が載れば嬉しく思うだろう。私は1回だけ送って…

Life In The Time Of Lexapro(休職日記)

Twitterなどでは『カイリキーはどの手でお尻を拭くのか』や『ソリティアのクリア画面みたいに飛び跳ねて過ごしていたら膝を痛めた』、『週3回おもしろフラッシュ倉庫の検品をして生計を立てている』などあることないことを書いているので、記憶の整理のため…

友人とラジオを始めることになりました

皆さんお元気ですか。私は穏やかに生活をしていますが薬のおかげということも十分にあり得ます。平常時がどういう状態だったのか、長年かけて思い出していくことになるでしょう。 友人からの誘い ある日の夜、読書をしているといきなり小学校時代の友人から…

寿司打をひたすら記録する(1~100回目)

皆さんは、タイピングがどれくらい素早くできるだろうか。私は、人より若干早いくらいかなと思っている。 中学生の時に『もなちゃと』という、2チャンネルのAAのキャラでチャットができるサイトがあった。まだサイトは現存していた。どれくらいまだ人がいる…

新潟駅から歩いて行ける古本屋、『古本もやい』

もうすぐ4月になり、人々がいつも以上にどこかからどこかへ移動するようになるが、去年の話をしていこうと思う。 ここ1年くらいの私の趣味の1つとして、古本屋巡りがある。一般の書店ではなかなか手に入らない本や漫画が見つかったりすることもしばしばあり…

柴田聡子『がんばれ!メロディー』

2019年リリース。シンガーソングライター、柴田聡子の5枚目のアルバム。 2017年にリリースされた4枚目のアルバム、『愛の休日』に収録されている『後悔』という曲を聴いたとき、久しぶりに一聴き惚れをした。春の暖かさを感じさせるような曲調と、最後に<た…

ガルマン歌会200回記念歌会に参加しました

何かしらの集まりを200回行うのはとてつもない道のりである。月1回ペースだと16年近くかかる。仮に毎日行った場合でも約7か月弱かかる。7か月あったら何ができますか? 私は衣替えができます。 3月の初めに、ガルマン歌会200回記念歌会に参加した。この歌会…

サイモン・シン『フェルマーの最終定理』を読みました

あなたは好きですか? あなたは好きですか? あなたは好きですか? あなたは数が好きですか? あなたは数学が好きですか? 学生時代、授業や講義で数学を習う場面は多々あったのだが、私はどうしても数学が得意になれず、好きにもなれなかった。高校では元々…

セレクトCDショップ『more records』に行きました

精神が暗めのドローンアンビエントみたいになってきたので、再び正月頃の楽しかった思い出について書いていきたいと思う。 普段新品・中古問わずCDショップに出かける。新潟にもCDショップはあるのだが、個人的なストライクゾーンに来るCDがなかなか見つけら…

【好きな短歌⑦】白い布はずされながら美容師にまだ引っ越しを伝えていない/山階基

白い布はずされながら美容師にまだ引っ越しを伝えていない /山階基『コーポみさき』(角川『短歌』2018年11月号収載) 髪を切りに行くというのは、大体1~2か月程度のスパンで行われる生活のイベントで、前回と今回の間にあった話を、美容師とすることもある…

HASAMI group『MOOD』

2018年リリース。リーダーである青木龍一郎氏を中心に活動するバンド、HASAMI groupの19thアルバム。19thアルバムってすごい。 HASAMI groupの特徴は、美しいメロディの曲と鬱屈とした世界が全開の曲が混ぜこぜになった、ロック、ポップ、ヒップホップなどを…

正月にボードゲームカフェへ行きました

最近は精神がダークアンビエントみたいになってしまったため、今までにあった楽しい話を書いていきたいと思う。文章やら声を出していかないと不安になるという側面もある。 今年の正月にボードゲームカフェに行った。年末年始は実家で過ごしたのだが、年も明…

生まれて初めてスキーに行きました

スキー場って行ったことありますか? 致死量の白が見られる場所です。 2月はじめに友人たちとスキーに行こうという話になり、たまたまその日は空いていたので参加することにした。しかし、私は二十数年生きてきて1回もスキーをしたことがなかった。埼玉に住…

ネプリ・トライアングル(シーズン3)第三回を読みました

2019年は2018年よりも参加する年にするぞと思い、水沼朔太郎さんが主宰する『ネプリトライアングル(シーズン3)』の第三回に参加させていただくことができた。『通常営業』という10首連作が人の手に渡った。この記事がアップされたときには既にネプリの配信…

空気系『simple life』

2018年リリース。空気系の1枚目の作品。 Vaporwaveの中には、signalwave(あるいはbroken transmission)というカテゴリがある。音楽性としては、昔のCMやテレビ番組の一部をスクリューしたものにフィルターをかけて、ループさせている作品が多い。1曲1曲がか…

お守りは神の物販

数年にわたり年末に楽しい予定を入れてみると、その想いがピークに達するのが、実は12月22日あたりだってことが分かった。楽しい予定は12月29日から始まったので、大体1週間前くらいだ。大体ピークは前にやってくる。遊んでいる最中は何も考えないので、気が…

【好きな短歌⑥】全員で死に方さがした日の えっ?えっ、えっ?打ち上げが、あったんですか?/直泰

全員で死に方さがした日の えっ?えっ、えっ?打ち上げが、あったんですか? 直泰『刑務所のみんなで歌ったふたつのJ-POP』(稀風社『墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった』収録) 好き/嫌いや、愛という大きな概念を持つ単語は、自分の感情をストレー…

空中泥棒『Crumbling』

2018年リリース。韓国の宅録アーティスト、空中泥棒による2ndアルバム。正確に言えば、前名義の公衆道徳で1stアルバムを出しているため、空中泥棒名義としては初のアルバムになる。 公衆道徳名義で発表された前作では、アコースティックギターを中心に構えた…

金沢に対してやや尖っていた友人と旅に出る

基本、旅行に行くときはあまり計画を立てないタイプである。 生活の外に出ていくのが旅行だと思っているので、計画という生活で何べんもやらされるようなことをあまりしたくない、というのが本音だ。だから、行く県や街だけ決めて、後は当日歩きながら決める…

2019年はやや気さくでいたい

明けましておめでとうございます。2019年にたどり着くことはできましたか? できなかった人はそういう年もあります。 2019年になった(誰によって?)。去年を振り返ってみると、インターネットの外に出ていく機会が以前より少しずつ増えている気がした。これ…

2018年に購入/レンタルして良かったアルバム10選

2019年がいよいよ始まり、我々はそれに抗うことはできない。 毎年行っている、1年間で購入/レンタルして良かったアルバムを10枚紹介していきたい。アルバムの簡単な感想と、公式で曲をアップロードしている場合はリンクも貼っていきたい。 なお、2018年に「…

ザマギ『All Bonus Tracks』

2005年リリース。ヒップホップグループ、ザマギの1stアルバムである。 ボーナストラックとは基本的に最後に入っている肩の力が抜けている曲である(度が過ぎると悪ふざけになったり、手抜きになったりするので、ボーナストラックを入れるのは意外にリスキーな…

【好きな短歌⑤】公園のふたりは黙る しゃべるより芝生のほうがおもしろいから/斉藤斎藤

公園のふたりは黙る しゃべるより芝生のほうがおもしろいから 斉藤斎藤『比例区は心の花』(斉藤斎藤『人の道、死ぬと町』収録) 誰かといる時に話が盛り上がるという状況は、相手と話している状態が心地よいと言える。2人の関係は友人なのかもしれないし、恋…

紅茶とコーヒーがコンビを組んだら、どういう漫才をするのだろうか

朝起きて意識がはっきりしてきてから、ドスドスという音が時々聞こえることに気が付く。考えられたのは誰かが跳ねまわっているのか、ぶつかり稽古でもしているのか、それとも誰かが私の家に侵入しているのかの3択で、最後の選択肢だった場合、ネズミならまだ…

第27回文学フリマ東京に参加するまで、参加、参加して

毎年1回もしくは2回、インド料理を食べる機会がある。なぜかというと、文学フリマ東京に参加しているからだ。 11月25日(日)に、第27回文学フリマ東京が行われた。過去最多のサークルが出店したとのことだった。今回は、第27回文学フリマに参加するまで、参加…

自選十首など

最近は文フリで出すブースの宣伝マシンになっている気がする。 ガシャーン ガシャーン 文フリ宣伝ロボだよ 自動で宣伝をしてくれるすごいやつだよ とりあえずやれる宣伝はやっていきたいと思う。 ダメ押しのように宣伝をしておくと、2018年11月25日(日)に文…

好きなジャケット/文フリ(ドラムとハイハット)

最近のことを思い出そうとするが、特に変わったことはなかったなということに気づく。道を歩いていたらどこからともなく大きいくしゃみがやってきて、その瞬間鳥がばさばさと飛び立っていったのが面白かったり、漫才でよく、手でドアを開ける真似をしてお店…

怖い卓球部『スマッシュ1』

世の中にはコンピレーションアルバムというものがある。 割と見かけるものとしては、あるアーティストの既存の曲を再編集したアルバム(ベストアルバムも含まれるのだろうか)や、とあるレーベルに所属しているアーティストの曲を詰め込んだものが挙げられる。…