コムギココメコ

備忘録と不備忘録を行ったり来たり

天気予報『雰囲気』(2018年に購入/レンタルしたアルバム)

天気予報『雰囲気』 2017年リリース。天気予報の2ndアルバム。おかしなアーティスト名から察せられる通り、Vaporwaveに属している。 Vaporwaveには、様々なサブジャンルが存在している。その中の1つにBroken Transmission(もしくはsignalwave)というものがあ…

【好きな短歌②】「下剤飲んだからかな・・・」って話してる人がいたんだけれど そうだろ/伊舎堂仁

「下剤飲んだからかな・・・」って話してる人がいたんだけれど そうだろ/伊舎堂仁 (伊舎堂仁「100万」、2018年) 電車に乗っている時や、外食をしている時、ふと他人の会話を受信してしまう時がある。だいたいの場合、それらの会話は進行中のものであるた…

SAYOHIMEBOU『卡拉OK♫スターダスト東風』(2018年に購入/レンタルしたアルバム)

今年聴いたアルバムの紹介をしていく。アルバムを買う/借りるペースと、ブログを書いていくペースが全く合っていないため、どんどん溜まっていく一方である。今回紹介するアルバムもおそらくまだ雪が降っていた頃に購入したものである。 結構時期によって購…

The Caretaker『An empty bliss beyond this World』(2018年に購入/レンタルしたアルバム)

寝る時に音楽をかけていないと安心して眠れない。無音、なおかつ眠る前は頭の中で反省文を書くのに最適な時間だからだ。音楽があったほうが気持ちよく眠れるのだが、歌詞やリズムが耳につくことがあるため、専らアンビエントを聴くことになる。 今回は寝る前…

保坂和志『カフカ式練習帳』(2018年に読んだ本・冊子)

基本的に文章と言うものは、完結する。どこか作者の意図するゴールに向かって文章は進んでいく。 小説も同じだ。基本的には結末に向かって進んでいく。まるでチャンネルを回したかのように、文章の意味、設定、空気が途中で違うものになることはほとんどない…

石井は生きている歌会@福島に参加しました

遠足感、というものがあると私は考えている。 楽しみなものかつ、まだ何が起こるか分からないものが近づいてきたとき、頭の中でずっとカウントダウンの数字が刻まれていて、ずっとカチカチ鳴っているような気がする。何か別の作業をしていても、ふとした瞬間…

V.A.『WEB / そ の 意 味 で』(2018年に購入/レンタルしたアルバム)

深夜、寝落ちしそうな時に流れているテレビのCM。スーパーなどで流れている曲名があるかどうかも怪しいフュージョン。建物の中で流れる頭にのこらない音楽。それらに耳を傾けてみると、案外面白い発見があったりする。 Vaporwaveというジャンルがある。昔の…

ナイス害『フラッシュバックに勝つる』(2018年に読んだ本・冊子)

人は良い思い出と嫌な思い出を混ぜこぜに積み上げながら生きていく。積み上げたものに光が差したとき、見えるのはいつも嫌な思い出である。 良い思い出はふとした瞬間に思い出すことが無いように思える。ふわふわすべすべしていて、暖かい思い出たちは心に置…

アップルパイを初めて食べた

私は一般の人々に比べて、食べたことの無いものが多いらしい。 例えば、パスタだとつい半年前までミートソース(などを代表とするトマトソースを使用したもの)とナポリタンしか食べたことが無かった。半年前にやっとペペロンチーノを食べたが、まだカルボナー…

Nicolas Jaar『Sirens』(2018年に購入/レンタルしたアルバム)

Nicolas Jaar『Sirens』 2016年リリース。 RA(Resident Advisor)という、エレクトロニックミュージックを取り扱う音楽メディア兼ウェブサイトが存在する。その中にアルバムのレビューがあり、丁寧なことにSoundcloudやBandcampのリンクが載っているものもあ…

同人誌『She Loves The Router』(2018年に読んだ本・冊子)

家に大量の未読本がある。読む量と買う量が釣り合っていないためだ、3000円までだったら「おっ! お買い得じゃん」と思ってつい本やCDを購入してしまう。「本や」と打つと指がキーボードが踏み外して「ほにゃ」と打ってしまう。かわいらしい。 本はその時売…

石野卓球『ACID TEKNO DISKO BEATz』(2018年に購入/レンタルしたアルバム)

石野卓球『ACID TEKNO DISKO BEATz』 2017年リリース。電気グルーヴの結構ヤバい方、石野卓球の9枚目のアルバム。 前作の『Lunatique』が官能的(音楽で官能的だと思えるもの、結構少ないと思う)でかなり良かったため、今回はどうだろうかと思いつつ春あたり…

ランニングマシンに初めて乗った

年々体力が無くなってきているような気がする。それに比例して、気力も失われている気がする。小説や短歌、もしくは何らかの文章を書こうと決心してから実行に移すまでには一定の気力が必要になるが、仕事などで疲れていると気力が足りず、実行しようとして…

Not Waving『Good Luck』(2018年に購入/レンタルしたアルバム紹介)

Not Waving『Good Luck』 2017年リリース。 一聴すると、無機質でゴツゴツした曲が多い。声が途中で挿入される曲がいくつかあるが、声が入ることで出る柔らかさを意識的に削ぎ落とされているように思える。声がカットアップされて、本来持つ柔らかさを感じる…

【2018年に購入/レンタルしたアルバム】 !!!『Shake The Shudder』

アルバム紹介の時間です。 今まで5枚いっぺんにアルバムを紹介していましたが、どのアルバムを紹介しているのか分かりづらいため、1枚1記事にします。1枚につき500~1000字程度書いていければいいと思います。長すぎず短すぎない量だと感じていますが、こと…

第二十六回文学フリマ東京に行ってきました

先日行われた文学フリマについて書こうと思う。 5月6日(日)に東京流通センターにて、第二十六回文学フリマ東京が行われた。私は前回と同様、出店者側として参加してきた。前回は『メゾン文芸部』という、大学時代の友人たちで構成されるサークルでの出店だっ…

2018年に購入/レンタルしたアルバム紹介④

もう5月ですね。 今年購入した/レンタルしたアルバム紹介の第4弾です。購入した数と紹介するスピードが全然追い付いていない。時速4kmで紹介していく私は、時速10kmで購入する私に追いつけないのではないか。周回遅れになるのではないか。算数の文章題みたい…

『死ぬほど好きだから死なねーよ』批評会に行きました

初めて何かを行おうとするとき、人はかなりのエネルギーを必要とする。行っていない、という領域から行っている、という領域に向かって飛び越えるのはいつだって勇気と行動力とその他諸々の経費を必要とする。 先日、歌集の批評会に行くという初めての経験を…

『Vapor?』(文フリ東京 新刊のお知らせ)

どこだか分からない土地で、自分の中のメモリーカードに存在しない人物が繰り出す、状況や空気感。 例えば、スーパーマーケットで流れているフュージョン。何か聴いたことがあるような気がするけれど、何かは答えられない。そういうものが面白いと私は思う。…

『大きなCOFFEE BEAT』『そうです』『文フリ東京』

最近感じたこと、あったことを話していく。 『大きなCOFFEE BEAT』 私は暇さえあればお菓子を食べている。近くにお菓子があると延々と食べてしまい、大袋のお菓子を買ってもすぐ無くなってしまう。前世はカービィだったのかもしれない。 時々コンビニでマー…

2018年に購入/レンタルしたアルバム紹介③

皆さんは3月をどう過ごしましたか。 花粉が多く飛んでいるときに東京に遊びに行った結果、くしゃみや目のかゆみに悩まされ、新潟に戻れば何とかなるかな、やったか!? と思ったが全然やっておらず、今日も花粉症の症状が出ている。花粉症のせいで春が嫌いに…

【私の好きな短歌その1】3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって(中澤系)

好きなものを紹介するのは難しい。語彙力が減ってしまうからだ。Twitterを眺めていると、好きなものを紹介している人は語彙力がその時だけ消えてしまう傾向があるように見える。 私も好きなものを紹介するとき、上手く伝わってないんだろうなと思う時が多い…

新潟の空き瓶歌会に参加しました

私は現在、仕事の関係で新潟に住んでいる。新潟って皆さん知っていますか? 武器にするとリーチが長そうな県です。 移り住んでからだいたい1年が経ち、社会に殺されないように日々やり過ごしている。皆さんは社会が好きですか? 大体の皆さんと同じように、…

幸福の液体は自販機で売られている

私は同じ食べ物・飲み物を毎日摂取する人間である。 学生の頃はひたすらポカリスエットを飲んでいた。アクエリアスではダメだった。時々、運動をしていないのにやたらとスポーツドリンクを飲む人があなたの周りにもいなかっただろうか。それはたぶん私である…

2018年に購入/レンタルしたアルバム紹介②

気が付いたらお金が無くなっていた。 東京に遊びに行き、中古CDショップやTSUTAYA、タワレコを回り、美味しいものを食べた後、財布を見るとお金が無くなっていた。なぜ楽しいことをするとお金が無くなるのだろう。なぜ辛いことをしてもあまりお金は増えない…

読書感想文:せきしろ×又吉直樹『カキフライが無いなら来なかった』

咳をしても一人/尾崎放哉 分け入っても分け入っても青い山/種田山頭火 これらは自由律俳句と言われるものである。 私のパソコンはガタがきているため、「自由律俳句」と打ち込んでスペースキーを押すと「自由律は行く」に変換されてしまう。こういうタイトル…

ここ数年、温かいそばを能動的に食べていない

時々そばを食べる。 時々って言うと皆さんはどれくらいの頻度を想像するだろうか。時々の尺度は一人ひとり違うだろう。皆さんが思う時々の頻度を、私の文章にも当てはめていただきたい。 数年前までは家でよくそばを食べていたのだが、引っ越しをしてからは…

2018年に購入/レンタルしたアルバム紹介①

私はかなり飽きっぽい性格である。就職活動ならば好奇心が旺盛と言い換えることになる。 そういう性格であることも手伝って、アルバムを頻繁に購入している。同じものばかりをずっとは聴いていられない。それが例え自分の好みど真ん中だとしてもだ。そのため…

本屋に行くとき、私は生きのびる必要がなくなる

時々本を買う。 私の家の最寄り駅から、電車に20分ほど乗ると大きな駅がある。その駅を出てすぐに本屋が存在している。 その本屋は地方にしては品ぞろえが良く、引っ越してきてから本を買うときは、いつもその本屋に行くことにしていた。 私は本屋に行くと本…

読書感想文:キリンジ『自棄っぱちオプティミスト』

音楽をある程度聴いている人であれば、好きなバンド/アーティストが存在すると思う。様々なジャンルのバンド/アーティストを好きになる人もいれば、1つのバンド/アーティストをずっと好きでいる場合もあり得る。ちなみに私は前者である。 私はしばしばCDを購…