コムギココメコ

備忘録と不備忘録を行ったり来たり

短歌

短歌(391~400)

不定期に行われる短歌の時間である。 Twitterに貼り付けた短歌が400首にもなった。かなり飽きっぽい性格である私にとって、これは快挙である。数年前に買った将棋の本はどこかに行ってしまい、将棋は結局上達しなかった。短歌も上達しているかは分からない。…

短歌(381~390)

2週間ぶりの、自作短歌を振り返るコーナーである。6月下旬から7月中旬あたりに詠んだものになる。少し詠むペースが落ちた。 前回よりは鬱々とした短歌が減っている。並べて見てみると、納得できるものと、これは惰性で作ってしまっている気がすると思うもの…

短歌(371~380)

大体2週間ぶりの短歌のお時間である。6月中旬~下旬にかけての十首である。 短歌を並べていくと、なんとなくこのときの精神状態が分かってくる。この時期の十首のほうがやれ墓石だの、自殺装置だの、殺すだの、物騒な単語が多く、ダウナーな短歌になっている…

短歌(361~370)

大体1か月ぶりの短歌のお時間である。以下の10首は6月上旬~中旬あたりに詠んだものである。 最近の話をするが、ネットプリント毎月歌壇で石井僚一氏に選んでいただいた。私は承認欲求が強いので、素直に嬉しかった。励みになるので、これからも頑張っていき…

短歌(351~360)

短歌を10首並べるコーナーです。 最近は連作を作ってみようと考えている。タイトルだけはずっと使いたいものがあって、それは「地方都市EP」という名前である。テーマはおそらく地方都市である。今回の短歌には関係がない。また、今年の秋の文フリでは小説と…

短歌(341~350)

今年はシンプルに暴力が流行る。 短歌の時間です。心に引っかかるものがあれば幸いである。暴力まんじゅうとか暴力をモチーフにしたゆるキャラ、ボウちゃんとか、色々考えている。 今年こそ暴力が流行る。 【341~350】 お化粧と色とりどりの服を着て美しい…

短歌(331~340)

不定期でお送りする短歌の時間です。今回もTwitterに投稿した10首の短歌が並べられていきます。好きなものがあると嬉しいです。うれしいです。ウレシイデス。嬉しいとは一体……? 【331~340】 サラダバー 嫌いなものをご自由に取れだと俺に死ねと言うのか し…

短歌(321~330)

最近作った短歌のコーナーです。 Twitterやネットの短歌投稿サイトにしか短歌を設置していないので、もう少し他の場所にも設置したいなと考えている。しかし、やりたいことは多く、読書もしたければ曲つくりにも挑戦してみたいし、イラストも描いてみたい。…

短歌(311~320)

最近作った短歌を10首並べた。最近は忙しく、短歌を作る頻度が減ってきている。こういうときこそ作っていかないと、そのうち何もしなくなり、死んでいくことになる。忙しい時こそ趣味をやることを忘れないようにしたい。 【311~320】 素晴らしいデザインです…

短歌(301~310)

短歌の時間です。 Twitterにアップした短歌を10個並べています。気に入ったものがあればうれしいです。 【301~310】 丸暗記しなくていいお前だけの七草をあらんかぎりに叫べ 床板の木目が君の笑う顔そっくり他は全てあとがき くたびれたアダルトビデオに映さ…

短歌(291~300)

短歌です。 300首に到達した。納得のいくものができるように精進したいと思う。気に入ったものが1つでもあればうれしい。 【291~300】 水温が23℃を切っているプール地獄で苦しむがよい クリスマス・イブが終わってたくさんのイブが路上に捨てられている 千…

短歌(281~290)

短歌です。 2年余りどういう短歌を作ると納得できるのか悩んできたが、最近はある程度方向性が定まってきた。気の抜けた炭酸水のような短歌を目指していきたいと思う。意味は各自が決めてください。 281首目から290首目までの短歌である。気に入ったものがあ…

短歌(271~280)

今回も短歌である。脳を占めるものが最近短歌ばかりなのでしかたがない。もう少しほかのことも考えたほうがいいのかもしれないが、最近は考えるとすぐ概念や人間について考えてしまうので、短歌のことを考えていたほうが安定するだろう。 271首目から280首目…

短歌(261~270)

短歌に対して苦しんでいたらかなりの数が放出されることになった。数が多ければ良いわけではないので、もう少し時間をかけて作ったほうがいいのかもしれない。 最近は短歌と麻雀にハマっているのでそればかりである。あとは漬けマグロを大量に作ったくらいか…

短歌(251~260)

私のTwitterアカウントを何らかの形で見てくださっている方々はお気づきかもしれないが、最近は短歌のことばかり考えているため、ツイートも短歌ばっかりになっている。このままいくと短歌に支配されて、アパートの一室に大きな短歌が出来上がってしまうかも…

短歌が名球会になりました

Twitterにアップした短歌が250首に到達した。別に数が多ければ偉いというわけではないが、継続しているということが何事にも飽きやすい私にとっては珍しいことなのだ。 250という数は名球会入りの条件である250セーブと同じである。今回は名球会入りおめでと…

サファテ投手150セーブ記念 短歌放出スペシャル

興味、というものがある。私は熱しやすく冷めやすい性格のため、興味が次々に培養されていくが、なかなか長生きせずに死んでしまう。 次々に淘汰されゆく興味のうち、生き残ったものは数少ない。今書き込んでいるブログも、生き残りの1つであるし、twitter…