読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

文章を書いているか?

私が今書いているのも文章です。

twitterで書いていることも何気なく紙の切れ端に書いたことも文章です。

しかし、ぐちゃぐちゃしています。頭で思い浮かんだことをできるだけ正確に書こうとします。それはテキストとしての体をなしていません。言い表そうとすれば胎児みたいなものですね。

 

文章には人それぞれの型があると思いますが、それが果たして自分に合った型なのかは全く分かりません。むしろ、柔らかくてまだ不定形な文体の時に型にあてはめてしまうと、他の文体にしようとすることがひどく困難になる。そう思えてしまうのです。そんな合ってるのか間違ってるのかわからない文章は、人に向かって投げてもちゃんと受け止めてくれるのか。ひどく不安になります。虚空に向かって投げてるような気持ちが付きまとってしまう。文学サークルなどに入って、どこかのイベントのために作った冊子に寄稿させてもらう。そうすれば人からの評価は少なからず来るのかもしれない。しかしそんなコネクションもない。おおっぴろげに見せるほどの文章力をもってるのかもわからない。

 

となるとtwitterだ。twitterをやろう。しかしどうしたものか。短文しか書けないぞ。しょうがない、ブログをはじめよう。こうして今の私のネットで文章を書く土壌は形成されました。自己承認欲求と自己顕示欲が私の文章には深く根付いています。みんなそうかもしれないし、そうでないかもしれません。

 

本日の日程

朝 実家から一人暮らし先の家に戻る。

昼 あまり美味しくないつけ麺を食べる。

夕 ピエール瀧について調べる。

夜 未定