コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

人生は黄チャートの連続である

うんしょ うんしょ 文章のリハビリ うんしょ

 

生まれて初めて記憶を失いました。お酒の飲みすぎですね。

目的地に着いてはいたんですが、目的地までの記憶が無いのです。これは非常に恐ろしいことです。自分が記憶を失っていても、自分は何も変化せず過ごすことができたのです。これはいかに記憶があるときになにもしてないのかがまるわかりになってしまいます。記憶があろうがなかろうが世界は勝手に進んでいくのです。こうしてまた自分の価値が下がりましたね。

 

から揚げ美味しいですよね。週に2.3回は食べてしまいます。から揚げのどこがそんなに私を引き寄せるのでしょうか。母性とかあるのでしょうか。から揚げは多分何か失敗をしても何も言う事なく黙って私の目の前に提供されてくれます。あの穏やかな眼差しは故郷の母そっくりですね(ここで、から揚げに目は無いとか言う人は甲子園とか見てて応援してるチームが大差で負けたまま最終回にいくと「どうせ逆転できないでしょ」とかめっちゃ悪態をつくタイプだと勝手に思ってます)。

 

長崎ライチさんの短編集を買いました。ああいう「現実ではありえない状況、言葉があたかもその世界では普通のように見えてしまう」のに弱いですね。ゆるっとしたツッコミしか入らないのも好きです。要するにふわふわした世界観が好きなのです。将来の夢はミニトマトみたいな車に乗る事です。