コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

人の料理を笑うな

お元気ですか?

 

料理が苦手だ。

味音痴とかではなく段取りと後片付けの面倒くささからくる苦手である。アレンジなどを勝手にするタイプではないので、○○をやめれば改善されるというものではない。前にオムライスを作ろうとしたが、ケチャップライスはベチャベチャ、卵はボロボロでただの「焼き卵のバラバラ死体」になってしまった。そのうえ下に敷かれているケチャップライスは赤々しいのでスプラッター度がすごかった。それ以来オムライスは作っていない。

また、チャーハンも小さじで良いところを大さじにしてしまったため、味の暴力だった。食べていて寿命がもりもり減っているなーと感じてとてもすごさがあった。半年くらい食べ続ければ確実に体調を崩すと思うので、全国の保険金目当ての奥様方は試してみたらどうだろうか。

今日は卵雑炊を作った。火が強すぎたため、焦げが靴音を響かせてやってきている感じになったがなんとかまとめることに成功した。6回3失点くらいだろう。その分ウインナーは普通に戦えるし美味しいしで最高である。

 

体と精神が非常に重い期に今年何度目かの突入である。なかなか起き上がれず起き上がって気がついたら夕方、米を研ごうと決意し数時間かけて気合いを取り戻し、何とか米を研ぎ、炊飯器のスイッチを押し、ウインナーを焼き、卵雑炊までたどり着いた。最近自炊をしなさ過ぎたのと、外食で食べすぎて体重も存在感を増しつつあったという2点から、慌てて先日買ったヨーグルトを今食べている。ヨーグルトは馬鹿みたいに食べるときと馬鹿みたいに存在を忘れるときが交互にやってくる。これはまるでアレみたいですね。だれか例えの上手な人、良い例えをお願いしたいのですが。

 

正月に今年は色々文章を書こう、小説にも挑戦してみようと思い立ったが、そのあと現実が押し寄せてきたのでなかなか出来ずじまいである。構想は思いつくのに文章にする暇がなく、暇が少しできた時にはその構想を忘れていたりするため、そのたびにぐぬぬとなる。最近人生がぐぬぬなので文章をひたすらに書いて現実逃避をする必要がある。文章を現実逃避の手段に使うんじゃないという人もいるかもしれないが、しょうがないのだ。何がしょうがないんだと思うかもしれないが、しょうがないのだ。

 

VXYCFRZVZZLKEBP?

VMNVYI.

これは「Do you like sushi?」「yes, I do.」をエニグマで暗号化したものである。真偽についてはインターネットの海に聞いてください。