コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

blind and butter da hi!

お元気ですか?

 

世間では暑い日が続いています。世間では真夏日やら猛暑日が続いています。皆さんも自分だけのマイ真夏日やマイ猛暑日を見つけていきましょう。もし自力で見つける時間がないよという方、大きめのスーパーで売っているのでそちらを購入しましょう。

これだけ暑いとバターになってしまいそうですね。私は大学に通っているのですが、周りとバターになっている人は存在します。友人も何人かバターになりました。大学構内がバターの臭いで満たされていき、暑さも相まって、たまにえづきそうになります。普通ならバターはいい匂いなのかもしれませんが、人が溶けた結果だと考えるとなかなか厳しいものがあります。理系の学部に通う友人にバターの話をすると、「こちらの学部はあまりバターになった人はいないよ」と言われました。私は文系の学部に通っているのですが結構バターになった人が存在します。理系の学部と文系の学部ではバター率(バターになった人を学部全体の人数で割り、100倍すると割り出すことができます)が違うのかもしれません。

 

部屋の中で座っていると、隣に紐があることに気が付きました。その紐は首を吊る形をしていました。死は身近ですね。上はどうなっているのかと思い、紐を見る目を下から上にしていくと、ブラインドがありました。なるほど、首を吊ると自動でブラインドが上がり、死ぬ姿を外から見ることができるわけですね。サービス精神にあふれています。このシステムを考えた人が、社内で順当に評価されているといいのですが、少し難しいかもしれません。

死はブラインドにも横たわる。「Death is blind」というやつです。

 

最近はセラニポージをよく聴いています。このアーティスト(?)はもともとはあるゲームの中で出てくる、架空のアーティストです(私はこのゲームをやったことがないので、設定が違う場合は指摘のほうをお願いします)。

4枚アルバムを出していますが、1番好きなのは1stアルバムの「まなもぉん」です。

f:id:komugikokomeko:20150715230813j:plain

↑ジャケットです。

 

曲が個人的にはストライクです。可愛い歌声と可愛い曲、少しヘンテコな歌詞を混ぜ合わせれば強いに決まっているわけです。「少しヘンテコな歌詞」というのが重要で、滅茶苦茶ヘンテコになってしまうと、どっちらけ感が出てきます。でもこのアルバムはそうじゃない。だからいいわけです。

その中でも1番好きな曲が「もじもじ」という曲です


Serani Poji - もじもじ - YouTube

 

この曲は歌詞に出てくる表現が好きです。例えば

「喉ぼとけ鳴らす音程まで一緒だよね」

「床板の木目の 人面部分をじっと見つめて 困った顔をしてるんだね」

こういう表現をカテゴライズする方法を私は知らないので、「良い」というフォルダに入れてしまいます。もっと表現を言い表す表現を知りたいですね。表現を言い表す表現と言う表現自体、アホっぽさを残している気がしますが。