読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

フランケンシュタインの踊り方

日記

 歯医者に行くようなことがあったら、私を呼びなさい。私は何かしてあげることができるわけではありませんが、祈る事ならできます。祈ることくらいなら、誰だってできるとあなたは思っているかもしれませんが、難しいんですよ、純粋に祈るという行為は。私はあなたを純粋に祈ります。歯医者で歯が痛まないように、定期検診で、虫歯が見つからないように、麻酔で口が変な感覚にならないように、ひたすらに祈りつづけますよ。

 Twitterで「フリースタイルダンジョンが面白いぞ」と聞いたので、試しにYoutubeで(公式チャンネルで配信されています)見てみると、見事にハマってしまった。フリースタイルラップという文化からは遠く離れた地域に住んでいるが、単純に語彙力と即興性とスタイルの豊富さに感心してしまう。あとR-指定滅茶苦茶強いなと毎回バトルを見て思う。特にDOTAMA戦は画面に引き込まれるようだった。DOTAMAもフリースタイルダンジョンを見て初めて知った(ラッパーはほとんど知らないので、基本的にフリースタイルダンジョンでラッパーを覚えている)が、強いし面白いのでカツカレーみたいな強さがある。カツカレーって最近食べてないな。まだリアルタイムで放映しているところまで追い付いていないので、これからもチェックしていきたい。

 

ルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバルンバ

 これはルンバでできた境界線です。

 アニメをあまり見てこなかったので、アニソンもほとんど知らず、専らカラオケで聴いた曲を、レパートリーにする

f:id:komugikokomeko:20160222223423p:plain

を行ったりしている。ちゃんと好きになったアニソンは、『さよなら絶望先生」のOPである、『空想ルンバ』と『人として軸がぶれている』くらいである。色々影響を受けやすいので、表わしてみたい世界観が毎日のように変わってしまう。日めくりカレンダー世界観だ。

 ブロンドの女はアメリカンジョークだと馬鹿の象徴として扱われているが、私たちは何の象徴なのだろうか。豚と呼ばれる貴婦人とか、草刈り機を持っていないからホモ扱いされてしまう男と踊るしかないのかもしれない。適当に踊っていれば、いつか斬新な私だけの踊りが出来ると信じているが、今まであった踊りの破片を適当に繋ぎ合わせて作ったフランケンシュタインみたいな踊り方を、オリジナルということができるのだろうか。

 最近ご飯を食べすぎている。そろそろ適当にうろつき歩くことを再開しないと、どんどん体重が増えてしまうかもしれない。