読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

fugitive

 引っ越しというイベントを皆さんはご存知であろうか。土地勘Aのセーブデータを消去して、新しいセーブデータでプレイするゲームのことを指す。

 先日、引っ越しを行った。引っ越しには様々な理由があり、進学、就職、転勤、前の土地で嫌なことがあった、夜逃げ、罪からの逃亡、指名手配を受けているため土地を転々としなければならないなどが主なものとして挙げられる。

 今回の引っ越しによりやっとこさ海のある県に行くことができた。生まれは海なし県、その後引っ越した県も海なし県と、島国日本にあるまじき移動具合であった。海に入るまでに20年ほど時間がかかったのも、両親が海の存在を知らなかったためである。

 そんな海とは無縁の私であったが、引っ越しにより自転車で20分弱のところに海が存在するようになった。ちなみに日本海である。くるりの『THE PIER』というアルバムに、『日本海』という曲がある。アルバムの2曲目であり、1曲目の『2034』の打ち込みサウンドを上手く引き継いだ、デジタル歌謡曲といった趣のある曲である。ぜひ借りたり買ったりするといいと思う。

 引っ越し自体は知らない土地をうろちょろできるので良いイベントなのだが、肉体的にはかなりの負担になるらしく、引っ越しの前後では体調が悪くなる。前回は1か月ほど頭痛に悩まされた。今回は腹痛である。

 引っ越しの1週間前ほどから時々お腹が痛むようになった。引っ越し前に体調を崩しては大変だと思い、大事を取って私は二郎系ラーメンを食べに行くことにした。その結果、翌日下痢気味になった。胃腸の調子が悪い時に二郎系のラーメンは食べるべきではない。勉強になった。

 その数日後、麻雀の大会を行った。不思議とマージャンに集中している間はおなかの調子も良かった。回復傾向にあっても油断をしてはいけないと思い、その夜アルコールと大量の唐揚げを摂取した。その結果、翌日胃腸は滅茶苦茶になった。トイレに出たり入ったり出たり入ったりする羽目になった。胃腸の調子が悪い時にアルコールと油ものは食べるべきでない。勉強になった。

 引っ越しが近づくにつれトイレも近くなり、胃腸の調子はぐちゃぐちゃになった。引っ越し当日が1番最悪で、まず朝起きてトイレに行き、最寄り駅についてトイレに行き、新幹線のある駅に着いてトイレに行き、新幹線の中でもトイレに行きと、休符のごとくトイレに行った。引っ越し先につくと多少胃腸の調子は良くなったが、それでも頻繁にトイレに行っていた。引っ越した後も色々忙しいのにこの体調ではどうにもならない、どうにかしなければ、そう思って翌日、私は友人と居酒屋に行ってアルコールを摂取し、馬の生レバーを食べた。その結果、胃腸の調子はどんどん回復し、今はなんともない。

 何でだよ。