コムギココメコ

備忘録と不備忘録を行ったり来たり

天然物の水餃子を見たことがない、そういう大学に通っていないから

11月23日(月)

 水餃子を購入した。いつものようにお湯に放流しようと思い、裏の説明書きを見たら「電子レンジでの作り方」という文面があった。どうやらいつの間にか電子レンジでの調理に対応していたらしい。

 温泉に水餃子を大量に放流したらどうなるのだろう、という気持ちが少しある。大量の湯煙の中、ゆらゆら揺れている水餃子。

 柚子湯があるんだったら、水餃子湯があってもいいような気もするが、柚子は香りがいいというメリットがある。対して水餃子は香りがあまりない。水餃子を香りという側面から語る人がいた場合、おそらく水餃子系の国家資格をもっている人だと思う。また、水餃子は皮が柔らかく、容易に破れてしまう。すると中の具が湯に広がって、見た目がとてもよくない。ゴミに見えてしまうだろう。

 水餃子サイドも、外敵から身を守るためにいろいろ工夫したほうがいいような気がする。我々が見かける水餃子は養殖であるため、もしかしたら天然物は皮が固いのかもしれない。大学で水餃子を専攻していなかったため、私には分からない。

 電子レンジで水餃子を解凍するためには、大さじ一杯の水をまんべんなくかけてやり、その上からラップをふんわりとかければいいとのことだった。まさかと思いつつ電子レンジに入れる。数分後、ちゃんと解凍されていた。すごい。

 こうして私は、また一つ知識を獲得したのだった。

 

11月30日(火)

 仕事をしていたら、急に一つの短歌を思い出した。

 

あふれやまないコーラな夜は雑な敬語の使い手である君にまかせた

/宇都宮敦『ピクニック』(現代短歌社、2018.11.27)

 

 好きな短歌はいくつかあるけれど、日々の中で思い出せる短歌はかなり少ない。どこがトリガーになって思い出したのかは分からないが、1日中頭から離れなかった。

 一日中同じ音楽が頭の中で流れている、というのはときどきある。曲全体というよりは、ワンフレーズだけが繰り返されるパターンのほうが多い。

 一番最近頭の中で延々とリピートされていたのは、くるりの『TEAM ROCK』という曲の「ロックチームくるりのかかえる苦悩」という部分だった。これもトリガーとなった要因が全く分からない。

 こういったフレーズのリピートは、私の頭の中にある再生機器の充電が切れるまで繰り返される。ある日突然再生が止まり、メモでも残していない限りリピートしていた記憶も失われていく。

 今は何もリピートされていないが、それは再生機器が充電中なだけなのかもしれない。