コムギココメコ

備忘録と不備忘録を行ったり来たり

トランペットのようなラーメン

5月7日(土)

 午前中は渓流釣りに行った。渓流釣りの様子は以前ブログにアップしたので、是非見ていただければと思う。

komugikokomeko.hatenablog.com

 

 午後からはアスレチックにチャレンジした。木の上でアスレチックができる施設があり、1年前から行きたいと思っていたのだ。

fa-chichibu.foret-aventure.jp

 

 私はどちらかといえばインドア派なのだが、アスレチックは割と好きである。小さい頃からSASUKEを見て育ち、身体一つで立ち向かっていくようなアトラクションに対して憧れがあるからかもしれない。

 途中で一瞬眠ってしまい道案内をミスするというハプニングがあったものの、目的地までたどり着いた。車内で動きやすい服装に着替える。これは情報だが、木の上から地上に戻る手段兼アトラクションとして、ロープを使って滑り降りていくジップスライドというものがある。地上に着地する際、結構ズボンが土で汚れるためそこも留意しておくとテンションが下がることもないだろう。

 受付に向かい、少し早く着いてしまった旨を伝えると今からでも大丈夫とのことだった。助かる。ああ助かる。

www.mofa.go.jp


 受付のすぐ近くに荷物置き場があるが、スペースに限りがあるためあまりたくさん荷物は持ち込まない方がよさそうだ。自分はウエストポーチに貴重品を入れ、それ以外はあらかじめ車内へ置いていった。

 また、軍手・手袋は必須で、できれば滑り止めが付いているものがいい。自分は滑りにくさを推している作業用手袋を持っていった。理由は後述する。

 係員の人にハーネスをつけてもらい、最初に移動の仕方に関する映像を見る。映像だけだとなかなか全部は理解できないなと思っていたところ、チュートリアルがあったのでしっかりしてるなと思った。

 チュートリアルを終え早速アスレチックにチャレンジすることになり、一番近くにあったステージに並ぼうとしたのだが、係員に空いているコースから進むように案内される。コースは全部で6か7コースほどあったように記憶していて、コースによって所要時間はかなり異なる。

 最初に木でできた太い梯子を登っていくのだが、案外高い。自分は少し高所恐怖症の気があるため、少し動揺したのだが、高所への恐怖が疲労で全て塗りつぶされてしまうことに気づくのはもう少し後の話だ。

 

 木の上にさまざまなアスレチックが存在するのだが、基本的に歩くと揺れるものばかりなのでバランスを取る必要がある。バランスを取るには体幹が必要だし、普段より歩くスピードも遅くなる。スピードを出そうとすると揺れも大きくなるため、ハーネスで固定されている状態ではあるが落ちてしまうのではないかという恐怖に苛まれることになる。もちろん留まっていても何の解決にもならない。

 揺れに対処するためにロープを手で持つのだが、自らも揺れているということはロープだって揺れているため、掴んだロープで手を擦りむいてしまう可能性がある。そういった可能性に対処するために手袋が必要になってくる。その際、滑り止めがついた手袋でないと、手を擦り剥く可能性は減ってもロープを持った手が滑ってしまう可能性は減らない。

 コースの中で特段きつかったのはボルダリングをしながら横移動するエリアである。揺れることはないが、エリアを通過するのに多額の握力の支払いを求められる。いっそあきらめて宙吊りになろうかとも考えたが、1回諦めると心が折れてしまうのでなんとか気力だけでクリアした。

 辛さをつらつらと書いていくと楽しくなかったと思われそうだが、1つ1つエリアを超えていくという達成感や、ジップスライドの気持ちよさなどがあるため、減った体力以上の楽しさを得ることができた。滑り降りる最中、間違って吊り下げられているロープに触ってしまいシュッと摩擦音がした。やはり手袋は必要だ。

 すべてのエリアをクリアして、ヘロヘロになった状態でスポーツドリンクを飲んでいると、部活を思い出す。部活が存在しない日々を過ごしていたのでスポーツドリンクを飲むのも久しぶりだった。

 

 汗で文字通り服がぐしょぐしょになってしまったため、秩父駅近くの温泉に行った。www.seibu-leisure.co.jp

 

ちなみにフォレストアドベンチャーの近くにも温泉がある。今回は帰り道に近い方を選んだ。

 

 温泉は一部のシャワーヘッドがミラブルで、ミスト状になって水が出てきてちょっとした感動があった。普通のシャワーと違って水の当たり具合が柔らかかった。

 その後はフードコートのラーメンを食べた。フードコートでラーメンを食べるのとフードコートのラーメンを食べるのは違う。フードコートのラーメンは画像のような少しスープが透き通った、醤油味のラーメンだと思っている。

らーめん・おこさま | 元気いっぱいのファストフードショップ ポッポ

 昔、隣町のイトーヨーカドーの中にポッポというお店があった。調理スペースの上に上に挙げた画像のようなラーメンの写真が飾ってあり、その写真がやけに美味しそうに見えた。

 年に数える程度しか外食をしない家で、数少ない機会をポッポのラーメンを食べるために使おうとは提案できず、イトーヨーカドーに来るたびに近くを通って食べてみたいと思うだけだった。ポッポのラーメンが、子どもの頃の自分にはショーケースの中にあるトランペットに見えたのかもしれない。

 ショーケースの中のトランペットに似たものを、秩父にあるフードコートで食べることができた。小学生の私は、二十年近く後にトランペットを吹けるようになることを知らない。

 

 その後は車内で友人と相手が知らない単語でしりとりをしたり、即席でクイズを出したりしながら2時間ほどかけて朝に集合した場所へと戻っていった。

寿司打をひたすら記録する(501〜600回)

 寿司打を2年ちょっとかけて100回プレイした。これで計600回になった。2年間こつこつやってきたかというとそうではなく、2021年は全くやっていない。心に余裕があると寿司打のことを考える余地が生まれるらしい。

 

 寿司打に関する説明、チャレンジの方法やルール、記録に対する分析は以下の記事を見ていただければと思う。

komugikokomeko.hatenablog.com

寿司打をひたすら記録する(101~200回目) - コムギココメコ

寿司打をひたすら記録する(201~300回目) - コムギココメコ

寿司打をひたすら記録する(301~400回目) - コムギココメコ

寿司打をひたすら記録する(401~500回目) - コムギココメコ

 

寿司打(501~600回目まで)

 401回目から500回目のスコアは以下の通りである。

 途中でMと書かれているのは寿司打をプレイするパソコンがMacに変わったという意味である。

 西暦が書かれていない日付に関しては、前回の記事の日付を見る限り2020年らしい。442回目から443回目までに2年の月日が流れたのだ。

 

 501~600回目までの詳しい記録は以下の通りである。

 前回比に関しては、前回よりプラスだった場合は青字、マイナスだった場合赤字にしている。

 平均値、最頻値、6000円越え率は前回を下回った。上の表では読み取れないデータとして、平均値に関してはパソコンを変える前が6264、変えた後は6030となっていた。

 234点差。6000円近辺だと180円の皿が登場するので、1.3皿ほど獲得数が減っている形になる。パソコンが変わりキーボードの打ち具合も変わったことがスコアに多少影響が及ぼしたと考えることもできる。

 しかし、最大の理由としてはキーボードを正しい指で打つために別のアプリケーションで練習し始めたことだろう。

 練習を始めた理由としては、今の打ち方だとかなり右の人差し指を酷使しているので、正しい運指にすることで長時間文字を打ち込んでいても手が疲れにくくなるのではと考えたためだ。また、スピードを上げるには正しい運指で打ち込む文字までの距離を最短にする必要があるとも思う。

 練習を始めた結果何が起こったか。始める前よりもスコアが取れなくなったのだ。今まで行ってきた運指と正しい運指が混ざってしまい、今までよりスムーズにタイピングをすることができなくなっているのだと推測している。

 ちなみに、練習で使っているアプリケーションは『Typing Land』である。対象年齢が子供向けな感じもするが、何種類かのミニゲーム形式になっているため、練習をしている感じは薄い。小学校の頃プレイした一太郎スマイルに入っていたゲームを思い出した。

Typing Land

Typing Land

  • Yoshiyuki Higo
  • 教育
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

 7000円を越えた回数は今までで一番多くなった。しかしこれもパソコンの変更&タイピング練習の実施後は1回だけしか超えていないため、2020年の自分の足を2022年の自分が引っ張っているようにも思える。

 e-typingは前回よりもスコアが7点下がった。今回はスクリーンショットを撮っていないから写真はない。寿司打のスコアの減少具合と比較するとあまり減っていないように見える。

 

 1~600回目の結果は以下の通り。

 

 キーボードの運指が矯正されるまではスコアが出にくくなると思うが、まずは運指を矯正し、そこからスピードをつけていきたい。

 

 700回目に到達するのが一体何時ごろになるかは自分でも予想がつかない。夏が終わるまでに到達するかもしれないし、年内かもしれない。今回と同じように2年後の2024年の可能性だってある。

ザリガニ釣りは釣りの経験に含めていいのだろうか

5月7日(土)

 友人と秩父に行った。

 生まれてから高校を卒業するまで埼玉に住んではいたが、秩父には行ったことがなかった。理由は行くのに時間がかかるからだ。埼玉は縦移動は容易にできるのだが、横移動は面倒な形になっていると個人的には思っている。どこかに出かけるときに一度も秩父が候補に挙がらなかったことから、おそらく両親もそう思っていたのではないだろうか。

 

 午前7時。いつもなら睡眠の9回表あたりだ。

 駅で友人の車と合流し、3時間ほどかけて秩父へ向かう。話は積み重なったり散らばったりを繰り返しながら、確実に車は目的地へと近づいていく。

 思ったより早く目的地である釣り場に着いた。午前中は渓流釣りをする予定だ。釣りは小学生の時にザリガニ釣りをした以来だ。釣りの経験を問われた時、ザリガニ釣りは含めていいのだろうか。有識者の見解が望まれるところだ。

 受付に行き、手続きを済ませる。エサは虫かイクラを選ぶことができたが、自分が魚の立場だった時を考えてイクラにした。

 

 制限時間は2時間。どうせなら一匹ぐらいは連れたほうが嬉しい。どこを拠点とするかを決めるために川の近くをうろうろし、時々釣り針を投げ入れる。イクラの付け方が甘いのか、いくつも川底に沈んでいった。魚は影すら見えず、もしかしたら魚がいるという情報を皆が信じ込み、何もいない川に向かって釣り糸を垂らしているだけなのかもしれない。

 しばらくして友人から最下流で魚の姿がいくつも見えたという情報を貰い、最下流を拠点とすることにした。行ってみると確かに魚がたくさんいて、釣り針を投げれば投げただけ魚が食いつきそうだった。

 上流に比べてエサに食いついてくるようにはなったが、なかなか釣り上げることができない。ひたすらエサだけを食われてしまい、慈善事業みたいになっている。

 時間はエサとともに少しずつ減っていく。残り40分ほどでエサが底をつきかけ、慌てて受付でイクラを追加購入した。釣り針にイクラを刺す数を増やし、再挑戦する。友人から魚が餌をくわえてもしばらく待った方がいいとアドバイスを受けていたので、手応えがあっても待つ。まだ待つ。

 手応えが大きくなって、多分ここだろうというタイミングで竿を上げる。吊り上げられた魚が右へ左へゆらめきながらこちらへ向かってくる。

 ここから針を外していくのだがなかなか上手くいかない。ぬるぬるとした魚が手の中で暴れ回る感触が生理的嫌悪感を司っている部分にダイレクトに響いてくる。二十数年生きてきて魚に触れるのが苦手だという事実が今判明した。

 友人に手伝ってもらい針をなんとか外すことに成功する。魚を掴んでいた左手を見るとべっとりと血がついていて、血が苦手な自分は反射的に川で手をすすいだ。時々手を強迫的に洗う・洗う真似をするシーンで、人を殺したのかというツッコミがされることがあるが、確か血がついてしまうと大量の水ですすぎたくなる気持ちが分かる。すすぐという行為はさらに昔の記憶へと繋がっていき、小学生の頃に読んだあしたのジョーにも手を強迫的に洗う対戦相手がいたという引き出しが開かれた。

 その後もう1匹釣れたところで、魚の中でいくらに対する関心が薄れてしまったのか、イクラを垂らしても垂らしても食いつくことはなくなった。そのまま残りの時間が過ぎ、2匹でフィニッシュした。

 釣った魚を塩焼きにしてもらい、昼食がてら食べる。塩で白っぽくなっている尻尾を試しにかじってみると、血圧にダイレクトに響く味がした。

小分けにされた生活感

4月17日(日)

 アパートから搬出した部屋の中身が午前中に届くとの連絡を受けた。生活感は十数個の段ボールでおさまる。生活感を表現するのにこの段ボールの数が多いのか少ないのかは分からない。

 8時から18時という時間指定だったため、もう時間指定ではなかったのだが思ったより早めに来てくれて一安心だ。

 到着したトラックから段ボールが次々に吐きだされ、小分けにされた生活感をスタッフが3人でこちらが指定した位置に置いていく。

 図に表すと以下の通りだ。

 

□パワー三 □パワー三 □パワー三

※□:荷物 パワー:引っ越し業者のスタッフ 三:速度感

 

 30分かからないくらいで荷物の搬入が終わる。あっという間だ。

 今まで住んでいた土地はやたらめったらラーメン屋があったのだが、今回の土地はラーメン屋があまりない。ラーメンを食べるという実績を解除するためだけに、なんとなくラーメンを食べてしまうこともあったので、外へ食べるラーメンに対して特別感を取り戻すのにはいいのかもしれない。

4月25日(月)

 無職になったことを宣言しにハローワークに向かう。窓口で紙を渡されたので必要な情報を書いていく。大小さまざまな鉛筆がケースにおさめられていて、比較的とがっているものを手に取った。

 年々鉛筆を使うことが無くなってきている。シャープペンシルがなぜか禁止されていて、鉛筆のようなシルエットにカモフラージュされたシャープペンシルを持ってきていた生徒がもてはやされていた小学生を終えてしまうと、高校生まではシャープペンシル、それ以降はボールペンをメインの筆記用具として使うようになった。

 高校の後半くらいから使っていたマークシートが塗りやすい鉛筆を最近まで筆箱に入れていたのだが、一緒に入れている付箋やiphoneのイヤホンのアダプターが黒ずんでいったため、誕生日のプレゼントで筆箱を貰った時に移行しなかった。

 必要な項目を全て埋め、職員からの質問をいくつか受ける。自分がいかに無職であるかを話し、職員が紙を見ながらキーボードを叩いていく。話が終わると別の窓口に行くように指示された。

 2階へと上がり、書類を箱に突っ込んで待つ。小説数ページ分の時間が経った後、名前を呼ばれた。先程とは別の職員に雇用保険に関する説明を受ける。定期的にハローワークに行く必要があるらしい。

 

 帰りにラーメンを食べて帰る。替え玉を頼んだらお腹がけっこうきつくなった。大盛りや替え玉は頼むものから迷うものに変わっていき、最近ではあきらめるものになりつつある。

部屋を初期アバターにする

4月16日(土)

 引っ越し当日。荷造りの進捗度合いは8割5分くらいだった。今回は最低限の睡眠時間を取ることができただけでも進歩といえる。

 前回の引っ越しでは朝8時に業者がやってくるのもあって徹夜で荷造りを行い、到着15分前になんとか荷造りを終えた。引っ越し代を少しでも安くしようとしたために時間をざっくりとしたものにしたところ、町内会の草むしりよりもずっと早い時間に業者が来る羽目になってしまったのだった。

 今回は業者は15時から21時の間に来るとのことだった。これも引っ越し代を少しでも安く済ませようとしたために起こった時間指定だった。

 時間帯について友人に話をしたら全員に「21時の引っ越しは夜逃げだろ」と言われた。自分が話を聞く立場だったとしても同じ感想を抱くだろう。夜逃げになると終バスに間に合わないので、それだけは避けたい。

 

 朝8時頃に起きた。まず布団を袋に突っ込み、カーテンを取り外す。服を人前で脱いだような感覚を覚えた。

 洗濯機の水抜きを済ませて電源を抜こうとしたが、アースがネジで固定されていたことに気づいた。ドライバーセットは段ボールのどこかに入っている。十数箱のうちのどれか。しかもガムテープで既にふたをしてしまっていた。

 段ボールに何が入っているのかある程度把握するために、主に入っているものはペンで箱の上部にメモしておいたのだが、ドライバーセットは主から滑り落ちてしまった。

 ドライバーセットならコンビニで売っているような気がする。しかし、ドライバーセットだけで済むだろうか。この調子だと他に必要なものが出てくるかもしれない。いろいろ考えを巡らせた結果、素早さを上げることにした。

 

 前日まで車を借りていたレンタカー屋でもう一度借りることにした。今の自分の交通手段は自らの足か公共交通機関しかなかったため、非常に使い勝手が悪い。(素早さの低い任意のポケモン)から(素早さの高い任意のポケモン)になる必要があった。

 

(例)素早さの低いポケモンカビゴン 素早さの高いポケモンマルマイン

 

 飛び入りだったが何とかレンタカーを借りることができた。その後アパートから徒歩5分のコンビニでドライバーセットを買い、どうにか洗濯機のコンセントを外すことができた。

 荷造りが大体終わったため、台所や風呂場を掃除していく。退去の掃除に関してはルームクリーニングという強い掃除が入るため、その前に弱い掃除をやっても上書きされるだけだろという気持ちはあったが、退去立ち合いをする業者の心証を良くするためにやっておく。心証の良さと退去立ち合いのスムーズさは比例するものだ。

 その後もホームセンターに行き、ほうきとちりとりとクイックルワイパーを購入しておく。途中で引っ越し業者から連絡があり、あと30分ほどで到着するとのことだった。時刻は14時を少し過ぎたところだった。夜逃げにはならなそうだ。

 アパートに戻ってきて残りの掃除をしていると引っ越し業者がやってきて、30分もかからないうちに荷物を運び出し、部屋を初期アバターにしていった。

 その後は床の掃除を行い、掃除用具を残しておいた段ボール箱に詰め、ヤマトの事業所へ行った。素早さを上げてくれるだけでなく、人間が秘めるささいな積載量を拡張してくれるところも車の良さだ。

 

 荷物を全て出し、1年半弱住んでいた土地を抜けた。やけにラーメン屋の多い土地だった。

約1000円払って布をしわしわにするという贅沢

4月12日(火)

 髪を切りに行く。今住んでいる土地で髪を切るのはおそらく最後になるだろう。

 美容師の方とコミュニケーションを取るのは苦ではないのだが、相手のバックグラウンドが分からない状態で自分の趣味に関する話をするときは処理能力が落ちる。そこそこ音楽を聴いたり読書をしたりしているので一応趣味と言えそうだが、どういったカテゴリーの音楽を聴くか/本を読むかという話に大体繋がっていくためあまり持ち出したくない。単純に伝わらないからだ。

 今回はなぜか読書の話になり、普段どういった本を読むのかという話になった。その時はレイモンド・チャンドラーの短編集を読んでいた。

www.amazon.co.jp

作者名を出して相手が知らなかったときの空気が嫌だったので、「最近は探偵ものとか読んでますね」と答えたところ、結果としてシャーロックホームズシリーズを読んでいることになった。シャーロックホームズシリーズは読んだことが無かったため、これ以上ボロが出るのを恐れ、読書→休日の過ごし方→家飲み→お酒での失敗談という連想ゲームでシャーロックホームズを遠くに追いやることができた。

 その後も話が各駅停車のようになりながら、髪は短くなり、ストレートパーマもかけられた。

 休日の過ごし方について、何か良い手札を持っておきたい。

 

4月16日(金)

 引っ越し前日になった。荷造りの進捗としては7割いくかいかないかくらいだった。  

 荷造りだけこなすのであればどうということはないのだが、通帳の解約、荷造りにかまけてさぼっていた大量の服の洗濯・乾燥、ゴミの自己搬入などを今日中にこなさなければならなかった。小学校の夏休み終わりみたいなことを、20代後半でもやっている。

 荷造りを少し進めた後、コインランドリーへと向かう。思ったより服が多く、どうにかこうにか詰め込む。乾燥を含めると1時間ほどかかりそうだったため、その間にホームセンターと銀行に向かった。

 ホームセンターはスムーズだったが、銀行はかなり混み合っていて、前の道から銀行に入るだけでも一苦労だった。法則性のないパズルをやらされている気分になる。

 どうにか空いている駐車スペースを見つけ、解約手続きへと向かったが登録されていた印鑑が違った。印鑑を変更するか取りに行くかの二択を迫られ、そろそろ洗濯が終わることもあり後者を選ぶ。

 コインランドリーに到着し、洗濯機を開けてみるとしわしわでところどころ濡れている布の固まりが出てきた。生き残りをピックアップして、残りを2つの洗濯機を使ってもう一度洗いなおす。1000円近く払って布をしわしわにするのはかなりの贅沢なのではないだろうか。

 正しいと思われる印鑑をもってもう一度銀行へ。解約とともに部屋を追い出された数百円が財布に引っ越してきた。

 時間は15時を過ぎていて、まだ昼ご飯を食べていなかったがまだやり残したことがある。ゴミの自己搬入だ。こちらは最低限の時間を投入しただけで滞りなく終わり、帰りに丸亀製麺でうどんを食べた。目の前のテーブルで店員がうどんと丼ものを置いてどこかに消えていき、店を出るまで戻ってこなかった。お供え物だったのかもしれない。

 コインランドリーに向かい、洗濯物をチェック。まあ許せるレベルにはなっていたので回収して家に戻った。

 

 その後は荷造り・夕食・スーパー銭湯・荷造り・就寝という流れだった。ポーカーならワンペアで、正攻法で戦っても旨味は少ないだろう。

マンション VS ゴルフ場

4月9日(土)

 引っ越しが1週間後に迫っているがあまり荷造りを進められていなかったため、友人に手伝ってもらい、本やCDを段ボール箱に詰め込む。大きめの段ボール4、5箱分くらいあった。引っ越すたびに本とCDのために用意しなければならない段ボールが増えている。

 本の持ち主が荷造りをしようとすると、つい本を開いてしまう。そういった問題点を友人に荷造りをしてもらうことで解消しようと考えた。引っ越しのRTAをするときには活用すべきテクニックだと思う。しかし、これは他者の使用が許されているレギュレーションでしか使えないテクニックなので注意が必要だ。

 あらゆるものがRTAになる可能性を秘めている。あなたも1つ考えてみてください。

 

 考えることができましたか?

 

 友人と並行して、自分は服の整理をしていた。2年近く着なかったものは捨てることにする。しかし例外がいくつか発生し、思ったより捨てることができなかった。 

 ある程度片付いてきたので、本とCDを売る手続きを済ませ、チャーシュー麺が食べられるくらいの金額を受け取る。

 その後は別の友人たちとも合流し、焼肉を食べた。

 

4月10日(日)

 1本のクラブでゴルフを行う、パークゴルフを体験した。

 パターゴルフと似たようなものだろうと思っていたが、100ヤードあるようなホールもあり、想像以上に広く感じる。グリーンまでが長いコースに関してはある程度しっかり振りぬかないといけないのだが、力任せでもクラブが安定した軌道を描けるほど体幹がしっかりしていないので、そういった時に限ってボテボテになってしまう。

 また、基本的に日影が無いため、暑い日だと9ホール歩くだけでも意外に体力を消耗する。ホール内にマンションを建てたりすると日影ができそうだが、ゴルフ場としての環境が破壊されるため実施されることはなさそうだ。ゴルフ場も割と環境を破壊する側として描かれることが多いので一度マンションとゴルフ場で戦わせてみたい気持ちがある。

 その後は温泉に入った。個人的に温泉は浸かるという目的もあるが、コーヒー牛乳を美味しく飲むための最善策だとも考えている。

 温泉によってほどよくテンションを上げたまま、コーヒー牛乳を購入する。針で穴を差して開けるタイプのふただった。このタイプのふたは勢い余って服にかかってしまうようなアクシデントを含め何回か経験をしていたため、落ち着いて対処することができた。

 一度家に帰り、別の友人と夕食を食べに行った。沖縄料理をメインにしていたが、沖縄らしい料理は食べなかった気がする。