読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

見つめるキャッツアイ

 ブログの文章を見返すと食べ物の話ばかりですね。

 

 最近猫に帰宅を妨害されます。

 1回目は先週の事でした。アパートの階段をカツンカツン歩いていると猫が階段を一気に上ります。体力があるっていい事ですね。そして目の前に立ちふさがります。気にせず歩こうとすると更に猫は立ちふさがり、ウロチョロします。

 なんやかんやでアパート廊下での攻防を経てついに舞台は自室前になります。私がドアに手をかけたとたん、猫は近くに来て後ろ足で壁を撫でます。今年流行った壁撫でですね。

 こちらサイドとすれば、ドアを開けて家に入り、のんびりしたいわけです。しかし猫が入れば悲惨です。「おうここがお前の家か汚ねえ部屋だな」と言いつつドカドカ入り、物が多いテーブルを荒らしまわり、テーブルにはぺんぺん草1つも生えない状況になるに違いありません(チンギスハンがいたころのモンゴルの戦法に似ていますね)。どうしたものか。うーむと考えて約5分。猫サイドが帰って行ったため、こちらが勝利しました。

 そして今日、また猫が現れました。前回と同じように自室のドアでの戦いになりました。猫は私の靴の上に来ます。歩けば退くし問題ないと思った矢先…...。なんと、仰向けになって丸まったではありませんか。これは私サイドとしては身動きが取れなくなりました。きつい試合展開です。しかし、私も人間なので、ドアをノブを回すふりをして対抗します。すると猫はドアの近くで壁撫でを始めました。

 しばらく壁撫で、靴の上を偵察などを繰り返すと猫は後ろを向きました。その瞬間、私はすばやくドアを開け、閉めました。今回もこちらの勝利です。

 今のところ2連勝ですが、次あたりから猫サイドも戦法を変えてくるかもしれません。特に、私が公共料金を払うのが遅めであることを突かれると、こちらサイドとしては苦しい試合展開を余儀なくされます。次も勝ちたいですね。

 

今年もあと2週間を切りました。頑張りたいですね。