読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

短歌(271~280)

 今回も短歌である。脳を占めるものが最近短歌ばかりなのでしかたがない。もう少しほかのことも考えたほうがいいのかもしれないが、最近は考えるとすぐ概念や人間について考えてしまうので、短歌のことを考えていたほうが安定するだろう。

 271首目から280首目までの短歌である。気に入ったものがあれば幸いである。

 

【短歌271~280】

必修を5回休んだ先輩が2回休んだ後輩叱る

 

白菜の芯までとけていくように眠るふたりをつつむ朝焼け

 

まあだだよ明日もオニは目をつむる来年二児の父親になる

 

君を敷き眠る布団はふわふわの朝焼けにつつまれて寝返り

 

人混みで呼吸をしたい 干からびたサーモン無菌室でも笑え

 

学食の森できみの笑い声が光りわたしが見つかっていく

 

半額の弁当に残る漬物涙と和える元鍋奉行

 

放課後の光でつぼみふくらんで終点へと走り出す少女

 

校庭で息絶える風船を抱いてお前が鬼と走る瞬足

 

ほら見てよ人差し指の長さなら人体模型に負けていないわ

 

 今はフォーム探しの旅をしているため、何を意識しているのかバラバラである。早く自分にあったフォームを見つけたいものだ。