読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

はがね/いわタイプの宗教

 趣味の1つに短歌があげられる。短歌とは5・7・5・7・7の31音からなる歌である。例外もある。パッと見短歌に見えないものが短歌の文脈で語られていることもある。世の中は例外であふれかえっていて、例外の例外だって存在するかもしれないので、例外をとやかく言わないほうが生きやすいだろう。

 短歌を定期的に作るようになってから約1年がたつが、なかなか自分で納得できるようなものが作れない。私はかなり影響を受けやすい人物なのでそのとき感銘を受けたものにかなり引っ張られる。時系列に沿って作った短歌を見ていくと、そのときどんな歌人に感銘を受けているかがわかるかもしれない。何かをこじらせてしまうと、あくタイプの宗教などにはまってしまうかもしれない。他にもエスパータイプの宗教、はがねタイプの宗教、かくとうタイプの宗教、ノーマルタイプの宗教などが存在する。それぞれ相性があるので、タイプをしっかりと見極めて、君だけの最強の宗教を作ろう。オンラインで全国の人々と自分の宗教を戦わせることもできるぞ。

 趣味は何年もやらないと上達が見えてこないという話も聞いたことがある。筋トレやダイエットも1日やっただけで効果があがることはない。少しの時間で筋肉がついたりスリムになってしまったら、それはステロイド覚せい剤だろう。甲子園は清原のためにあるのか。

 最近パソコンが壊れそうになった。おかげで音楽データの大半が死んでしまうところだった。TSUTAYAに通い詰めたり中古CDショップをはしごしたことが全否定されてしまうのは勘弁である。

 壊れるときにはしっかりと壊れると言ってほしいものだ。Windows10の時は頻繁にパソコンが話しかけてきたのに、壊れるときは何の連絡もなしでは困る。死因は心臓麻痺だろうか。まあ、人間も壊れるときはいきなり壊れるので、あまり人間のことを棚に上げて文句を言うのは良くないのかもしれない。

 Twitterリツイートで、筋トレをすると自分をより良くできるという話が回ってくる。宗教である。平安時代から鎌倉時代にかけては世の中が乱れていたのか、筋トレががかなり人々の間で流行ったらしい。筋トレの筋派も様々で、厳しい筋トレをすると救われるものや、とりあえず筋トレをしておけば救われるもの、踊りながら筋トレをすると救われるものなどよくそんなにやり方を考えられるよなと驚くばかりである。

 筋トレや宗教で精神が救われるなら他の方法でとっくに救われてるわ、などと思ってしまう。自分を助けるには過去を変えるしかない。タイムリープだ。私はもう何回もタイムリープを行っている。しかし、いくら世界を行き来しても私は救われていない。元いた世界とはだいぶ違ったものになってしまった。しかし、なんかの拍子に元の世界に戻ることができた。実家近くの神社で買ったお守りを持っておいてよかった。

 参考までに、今の世界と1番最後にタイムリープした世界(世界´)の相違点をいくつか挙げておこう。世界´では極楽とんぼの山本が2か月早く復帰している。アメリカは大統領が2人になった。ブログを読んでいるお前は存在していないことになっている。