コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

短歌(391~400)

 不定期に行われる短歌の時間である。

 Twitterに貼り付けた短歌が400首にもなった。かなり飽きっぽい性格である私にとって、これは快挙である。数年前に買った将棋の本はどこかに行ってしまい、将棋は結局上達しなかった。短歌も上達しているかは分からない。

 今回は7月中旬から下旬までに詠んだ10首である。日をおいてから見てみると、満足できるものと全然ピンとこないものの差が激しい。自分が納得していないもので他人が納得するとは思えないので、読み返した時に満足できるものを多く作っていきたい。「もう二度と~」はTwitterでいいねが多くついた。ボタンを押してくれることは嬉しいことである。

 

【391~400】

陰日向柄した猫が逃げていく まだ太陽に嫌われている

 

「またお越しくださいませ」のせの音に背中を押され歩くビル街

 

この星で二人だけだね校庭ではしゃぐレジ袋を見てるのは

 

夕食後すぐ寝てしまい目覚めたら足だけ牛の柄になってた

 

夜明け前通る新聞配達の世界に俺は登場しない

 

もう二度と会うことのない友達のセーブデータを今年も残す

 

痛いよと歯医者に伝える左手にハイタッチしてみたら世界は

 

前世での俺への恨みを晴らすため激辛料理として蘇る

 

「私って天然だしさ。知らないの? 天然準2級も取ってるし」

 

もし君がシャイでなければ雨音の音程だって気づけなかった

 

 

 次回もよろしくお願いします。