読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コムギココメコ

忘れてもいいことを書くので不備忘録

生まれたての小鹿、採血と戦う

 今回は最近の出来事について雑に書きます。

 

 血が苦手だ。血の話をされると体から力が抜けてしまう。血の気が引いて体が冷たくなっていくのが分かる。

 この体質は普段の生活に関してはあまり悪い影響を及ぼさない。しかし、我々はどうしても血と向き合わなければならない時がやってくる。

 例えば免許を取るときに、3時間くらい応急救護の講義を受けることになる。Radioheadのセカンドアルバムにいたあいつに口づけをしたり押したりすることになる。その中で止血法という話があった。頭では考えないようにしていても、帰って鮮明になってしまうのが人間の弱いところである。体の力が抜け、気分が悪くなり、生まれたての小鹿みたいになってしまった。「生まれたての小鹿」という表現はよく使われるが、実際に生まれたての小鹿を見た人は少ないだろう。近所に生まれたての小鹿を見せる施設がほとんどないことが原因である。ラーメン屋を多く作る余裕があるのなら、生まれたての小鹿を見せる施設の1つを作ってもいいのではないだろうか。

 また、献血という単語にも弱い。血を抜かれることはかなり恐ろしい行為だと思ってしまう。献血をするとお菓子やジュースがもらえるらしいが、私にはできない。スーパーでお菓子やジュースを買うことになる。

 先日採血を受ける機会があった。死刑宣告のようなものである。私は幼いころに血液検査を受けたとき、自分の血を見てパニックになってしまった。それがトラウマで血液に関してかなり恐怖を覚えてしまった。この文章を書いている最中も左足が冷えていくのを感じる。私は何と戦っているのだろうか。自己表現と承認欲求の闇は深い。

 緊張でうまく呼吸ができない中、採血が迫ってくる。アルコールで湿ったガーゼで腕を拭かれたとき、首に縄をくくられたような気分になる。そして採血が始まる。私は必死に外を向き、色んなことを考えて恐怖を打ち消そうとしたが、なかなか上手くいかない。口の中に唾液がたまっていくのが分かる。時間がスローになっているような気がする、いや、遅くなっていたに違いない。時間にして1分もかかっていないのだろうが、私には数時間のように感じられた。この感覚を使えば、1日は数年ぐらいの感覚になるし、30日の懲役は720年になる。痛みはほとんど感じなかったが、精神はズタズタである。

 地獄の時間が終わり、再び血圧を測る。手に全く力が入らない。えずきながらも血圧を測り終え、看護婦さんのところに報告に行ったところで目の前が真っ白になってしまった。血圧は40近く下がっていた。

 その後、1時間近く血圧が戻らず、横になる羽目になった。起き上がれるようになった後も1日調子が戻らず、なぜか腹を下していた。

 ネットで調べてみると、私の起こしたものは血管神経迷走反射と書かれていた。自律神経の問題らしい。ネットの記事も鵜呑みにできないので、本当に正しいかどうかは不明だが、今回の症状と血管迷走神経反射でヒットする情報がほぼ一致するので、今のところはそれを信じている。次回から横になって採血を受けよう。

 この出来事で、私は献血を受けることがほぼ不可能なことが分かった。自分でジュースやお菓子を買うことにしよう。人から無料で貰ったものほど美味しいものはないけども。

 

 メモ書きとして、2017年に買ったもしくは借りたアルバムを以下に記す。

想い出波止場『水中JOE』

The Avalanches『Since I Left You』

STUTS『Pushin'』

The Cinematic Orchestra『Everyday』

Amon Tobin『Bricolage